紙幣の変更!お札が偽造しにくくなると円高に?

およそ20年ぶりにお札が変わるとの報道がありました。

 

偽造を防止する観点から、お札を変えるとのことで、

 

新しいお札には様々な新技術が使われるそうです。

 

ただ一方で、円高になるのは、

 

日本の紙幣が偽造しにくく、信頼性が高いために、

 

安全資産として買われやすい面があると言われています。

 

そうするとですよ、新しいお札を偽造しにくいようにと、

 

あまりに高度な技術を使いすぎれば、

 

円高に向かいやすくなると思うんです!!

 

今はアベノミクスでお金を印刷しまくって、

 

日銀が国債を買いまくっているために、

 

以前に比べれば円安傾向にはなっていますが、

 

この政策もいずれは終わりを迎えますし、

 

国債が少なくなれば、日銀も国債を買いようがありませんので。)

 

そうなると以前のように、いずれは1ドル=80円ほどの円高になる可能性はあると思います。

 

またご存知のように円高になれば、

 

海外旅行に行きやすくなったり、海外からモノを買うのは安くなったりする反面、

 

日本には観光客が来にくくなったり、日本からモノを売ることは厳しくなってしまいます。

 

つまり日本の経済だけを考えれば、円安の方が良いわけですが、

 

そう考えると、円安に向かわせようとするなら、

 

反対に最先端の高度な技術を、必要以上に注ぎすぎない方が良いように思うんです。

 

とはいえ、偽造されやすいお札にしてしまうと、

 

お札の量が増えすぎてしまってインフレになってしまい、

 

それはそれで日本の経済を悪くするとは思いますので、

 

適度な期間で新しいお札に変えることは必要だと思いますし、

 

偽造されにくい程度のさじ加減は考えないといけないのかもしれませんね。